社内 社内

大容量ファイルを簡単転送

企業内で使用されているメールボックスというのは、基本的に受信できるファイル容量に制限を掛けているものです。大容量のファイル転送を簡略化したいのであれば、「ファイル転送サービス」の利用をお勧めします。

もっと読む

故障原因について

データ復旧業者に修理を依頼する必要のあるパソコンや外付けHDDの故障というのは、論理的障害が原因によるものか物理的障害が原因によるもののどちらかになります。物理的障害が原因の故障の場合、その修理費用は高額になってしまうでしょう。

もっと読む

確実性のあるデータ保存

システム

外付けHDD等の物理記憶装置にデータのバックアップを取った場合、故障によるデータ損失リスクが伴ってしまいます。クラウドサービスの一つであるオンラインストレージへのバックアップであれば、故障によるデータ損失リスクを避けることができるでしょう。

もっと読む

故障原因と対象方法

HDD

企業内で使用しているパソコンのデータが消えてしまった時には、外付けhddにてバックアップされているデータを利用して復元する必要があります。しかし、そのバックアップデータが保存されている外付けhddが故障してしまった時には、データ損失の危機に直面することになるでしょう。企業にとって、データ損失というのは大きな問題です。保存されているデータの重要性によっては、経済的損失も起こり得ます。データ復旧業者であれば、故障してしまった外付けhddを修理することが可能です。ここでは、外付けhddの故障原因とデータ復旧業者について知って行きましょう。

データ復旧業者というのは、パソコンや外付けhdd等のIT機器の修理を専門とした業者です。外付けhddが故障した際には、この業者に修理を依頼することによって、機器自体の修理もしくは内部に蓄積されたデータのサルベージを行なってもらうことができます。サルベージされたデータは、新品の外付けhddに復旧してくれるでしょう。データ復旧業者に修理を依頼する必要のある外付けhddの故障例というのは、多岐に渡ります。例えば、外付けhddをパソコンに接続した時、そのデータベースにアクセスできないといった症状や異音・煙の発生、RAID機器が反応・認識しない、エラーメッセージ等です。また、そういった故障が原因となるものの他に、間違って一部のデータを消してしまったり初期化してしまったりした場合にも、データ復旧業者が助けになってくれます。故障例の一つとして挙げた異音・煙の発生ですが、異音のみであれば機器自体は正常に動作するでしょう。しかし、正常に動作するからといった修理せずに使い続けてしまうと、データを完全に失ってしまう可能性があるため注意が必要です。